ケーブルテレビでもフィギュアスケート観戦は可能だが・・・

ケーブルテレビでもBSは視聴できるから、フィギュアスケートは観戦できます。ケーブルテレビを利用する際のメリットや特徴を見てみましょう。

ケーブルテレビの視聴方法

ケーブルテレビは、基地局のアンテナで電波を受信して視聴するものです。一般のテレビはそれぞれにアンテナを必要としますが、ケーブルテレビはケーブルにつなぐことで電波を拾えるため、アンテナを必要としません。強風でアンテナの角度が変わって映りが悪くなるなどの心配も要らないのです。しかし、利用には月額料金が発生し、回線の引き込み工事も必要になります。

ケーブルテレビよりもBSのテレビアンテナ工事がお得!

ケーブルテレビでもBSで放送しているフィギュアスケートを視聴できますが、契約前にアンテナ設置工事との違いを把握することが大事です。BSのテレビアンテナ工事はインターホン取り付けなどを行なっている業者にも依頼できるので、お得な業者を選ぶと良いでしょう。

ケーブルテレビのメリット

  • チャンネル数が豊富で、色々な番組を見ることができる。
  • 利用者がアンテナのメンテナンスをする必要がない。
  • 地方放送のチャンネルも視聴できるので、ローカルな情報を得ることが可能。
  • ケーブルテレビ、インターネット、電話などをセットで契約するととてもお得。

ケーブルテレビのデメリット

  • 回線の不調による障害に弱い。
  • STB(受信機レコーダー)がなければ、いくつかの衛生デジタルチャンネルの視聴ができない。
  • テレビ毎にSTBが必要なため、機器レンタル料が嵩む場合もある。
  • アップロード回線の速度が契約内容によって遅くなる。

アンテナ設置工事の費用

地デジを視聴するためには、テレビアンテナ工事で専用のアンテナを取り付けるだけでなく、ケーブルを繋いだり必要な場合は分配器やブースターを用いたりすることもあります。テレビアンテナ工事の際に揃えないといけない機材やそれに掛かる費用などは、以下になります。設置するアンテナ代とテレビアンテナ工事費用、ケーブル・支持材、分配器やブースターなどです。これら以外に必要項目があれば、その分また見積もり額が上がります。インターホン取り付けや電気設備点検などを行なっている業者もテレビアンテナ工事をしてくれるので、費用を抑えられるところを見つけましょう。 長期的に考えるとケーブルテレビよりも、アンテナ設置工事が安いです。フィギュアスケートを観戦するだけならアンテナ工事がお得と言えます。

TOPボタン