テレビアンテナ工事とインターホン取り付けで電気環境の改善

地デジ放送を視聴するために必要な準備(手順)

アナログ放送は2011年に終了し、地デジ放送の時代へ入りました。地デジが視聴できる環境や設備を整える必要があります。何をしなければいけないのか把握しておきましょう。

電波が受信できるエリアを確認する

電波が受信できなければ、テレビは見られません。建物が地デジの電波を拾えるエリアかどうか業者に確認してもらいましょう。業者は測定器を使用して受信感度を調べます。賃貸アパートやマンションの場合、大家や管理会社が把握しているので、聞いてみると良いです。賃貸アパートやマンションのほとんどは、既に地上波デジタル放送用にアンテナが設置されているので、テレビアンテナ工事が済んでいれば電波は問題なく拾えるでしょう。

地デジ対応のテレビアンテナの設置工事をする

地デジ対応のテレビを購入しても、電波を拾うテレビアンテナがなければ、フィギュアスケートなどの放送を受信できません。受信エリアを確認したら、地デジ対応の「UHFアンテナ」を取り付けるための、テレビアンテナ工事を行ないましょう。テレビアンテナ工事はしっかり設置しなければ、放送を綺麗に受信できません。信頼できる業者に依頼すると安心です。テレビアンテナ工事やインターホン取り付けを行なっている業者に相談してみましょう。

地デジチューナー内蔵テレビを購入する

地デジ対応のテレビアンテナ工事を終えたら、地デジチューナー内臓テレビ若しくは地デジチューナーを接続します。地デジチューナー内蔵テレビは綺麗な画質で、地デジチューナーも内蔵されているためスッキリ設置できるのが魅力です。ただ、その分購入費用も掛かってしまうため、なるべく費用を抑えたいという場合は地デジチューナーを購入し現在持っているテレビに繋いだ方が良いでしょう。まだ綺麗な状態の大画面テレビの場合では、特に買い替えるのがもったいないと思うものです。値段と使い勝手を比べながら、バランス良く選ぶのが大事です。 "

戸建住宅の場合、地デジ放送を視聴するためには上記の3つを順に行なわなくてはいけません。アンテナ工事を請け負っている業者に尋ねることで、分かりやすく教えてもらえるでしょう。 ▼▼テレビアンテナの違いを把握しようテレビの電波受信には2種類のアンテナがありますが、特徴を把握するためには、アンテナ工事業者に聞くのが1番です。 "

TOPボタン